にっぽんのための投資ファンド
私たちフェニックス・キャピタルは、2002年に設立された、企業再生・事業再編分野における日本の投資ファンドのパイオニアです。
創業と同時に組成された日本初の本格的事業再生・再編ファンドである「ジャパン・リカバリー・ファンド(JRF)」をはじめとし、これまでに8本、合計で約2,300億円のファンドを組成し、約2,100億円の投資を行ってまいりました。
この間のエクイティの投資対象企業は30社近くにのぼります。
私たちフェニックス・キャピタルは、投資先企業の経営課題に応じ、友好的かつ適切なかたちで資本を供給することで、経営課題の抜本的な解決を図り、経営者・従業員の皆様とともに汗を流し、協調して経営改善を実践することによる中長期的な企業価値の最大化を目指しております。
私たちが提供するのは資本というかたちの呼び水です。
この呼び水が、投資先企業の経営者・従業員の皆様の積極果敢なチャレンジにより生かされ、会社が力強くよみがえりそして成長してゆくこと、それが私たちの願いです。
フェニックス・キャピタルは、国内の幅広い投資家に支えられた中長期的な視点に基づく投資活動を通じて、企業再生・事業再編の触媒となり、日本経済の発展に貢献してまいります。